メニュー

新しい片頭痛予防薬「エムガルティ®」 「アジョビ®」 「アイモビーグ®」

片頭痛の発作に対して大変高い予防効果を持つ新しい薬剤です。

4月下旬にエムガルティ®が、8月にアジョビ®、アイモビーグ®が相次いで発売されました。

当院では3剤とも用意しております。

片頭痛発作が起きた時に使用する薬(急性期治療薬)ではなく、片頭痛発作の頻度・重症度を下げる目的で定期的に使用する薬(片頭痛予防薬)になります。すでに米国では使用されており、頭痛臨床の現場で良い成績を収めています。

CGRP関連抗体薬

対象となる患者

既存の薬剤による片頭痛発作のコントロールが不良な方は当然良い適応になります。

対象となる患者は、概ね以下の4項目全てを満たす必要があります

    1. 片頭痛の診断がついている18歳以上の方(将来的に18歳未満への適応拡大が期待されます)
    2. 1ヶ月あたりの片頭痛日数(MHD)が平均4日以上
    3. 片頭痛治療を適切に行っても、頭痛のコントロールが不十分である
    4. 本邦で既に承認されていた片頭痛予防薬のいずれかが、効果不十分・副作用などから使用・継続できない

*片頭痛予防薬 

      • プロプラノロール(インデラル®;高血圧の薬)
      • バルプロ酸(デパケン®、セレニカ®;てんかんの薬)
      • ロメリジン(ミグシス®
      • アミトリプチリン(トリプタノール®;適応外。うつ病の薬)
      • ベラパミル(ワソラン®;適応外。不整脈の薬)

 

注射のお薬です。

  • アイモビーグ®4週ごとに1本ずつ注射します。
  • アジョビ®4週ごとに1本ずつ注射するか、12週ごとに3本ずつ注射する方法があります。
  • エムガルティ®だけは初回に2本注射する必要があります。その後は毎月1本ずつ注射します。

費用負担について

  • エムガルティ®は1キットあたり45,165円(3割負担の場合、113,550円)
  • アジョビ®、アイモビーグ®1キットあたり41,356円(3割負担の場合、112,400円)
  • その他、通常の診察料、注射処置料などがかかります
  • 一人親世帯の方は、「ひとり親家庭等医療制度」を利用すると通院での保険診療自己負担金が1ヶ月あたり800円で済みます。対象の方は制度を上手に活用されてください。

お知らせ

現在、お知らせはありません。

当院で行っている治療

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

診療時間

診療時間
9:00〜12:00
 (受付は11:30まで)
○※
14:00〜18:00
 (受付は17:30まで)
○※

休診日:[ 日曜 / 祝日 / ※毎月第1水曜 ]

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

  • 聖マリア病院

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME